ご予約はこちら
【 お支払いについて 】
お支払いは、現金のほかデビットカード、楽天ペイ、楽天Edy、楽天カードの他、クレジットカード(au WALLET、VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER)、スマホ決済・電子マネー(au PAY、nanaco、WAON、QUICK Pay、iD、Apple Pay、Kitaka、Suica、PASMO、toICa、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)をご利用いただけます。
公式サイト・電話でのご予約は、最低価格保証です。さらに予約特典として「アーリーチェックイン」「レイトチェックアウト」をサービスいたします。
【 キャンセル料について 】
[ 〜10名様 ] 3〜2日前30%、1日前50%、0日前80%、連絡なしの不泊・不着100% ※11名様以上のキャンセル料につきましては、ご予約の前にお問い合わせください。

チェックイン 14:00~18:30 / チェックアウト 11:00 客室数 : 別邸〈喜澄〉3室 / 離れ5室
館内施設 : 露天風呂1ケ所、 食事処2ケ所、大広間、フロント、お土産コーナー

別邸と離れで温泉を満喫

  • 2020.07.28

別邸と離れで温泉を満喫

朝日連峰、飯豊連峰、吾妻連峰、磐梯山から猪苗代湖まで。日本で二番目の大きさとなる国立公園「磐梯朝日国立公園」の豊かな自然に包まれる「四季の郷 喜久屋」は、日本一綺麗な水質とされる「荒川」の渓谷に沿って建ち並ぶ離れ形式の客室が特徴です。全ての客室には源泉掛け流しの専用風呂を備え、二つの露天風呂や露天風呂と内風呂など、一部屋にいくつもの風呂を持つお部屋も多数ございます。

フロントでのチェックインが終わりましたら、回廊で繋がる離れ形式のお部屋へご案内します。最初にご紹介するのは、三つの客室が入る別邸「喜澄」のメゾネットタイプの一室「春蘭」です。

春蘭の一階に備えているのは木製湯船の半露天風呂。

二人でも十分な大きさですから、一人で入ればさらにゆったりと温泉の湯を楽しんでいただけます。

十分に体が温まったら、ウッドテラスの先に広がる荒川渓谷の眺めとともに夕涼み。

そしてメゾネットタイプの客室「春蘭」は、二階にも石製の半露天風呂を備えています。

こちらの湯船はさらに大きなサイズになっていますので、一階のお風呂は男性陣、二階のお風呂は女性陣で一緒に入るなどご家族での利用にも最適です。

二階からの「荒川」の眺めはさらに見晴らし良く、開放感もますます高まります。

客室専用のお風呂ですのでご滞在中は、いつでも好きなだけご利用いただけます。荒川の水辺を渡って吹き込む季節の風とともに、源泉掛け流しの湯に浸かる贅沢な時間を存分にお楽しみください。

今度は喜久屋の客室全八室のうち五室をしめる、離れタイプの客室「錦藍荘」をご紹介します。

離れの客室はいずれも、「荒川」をさらに間近に感じる露天風呂の圧倒的な開放感が特徴です。

さながら小型の大浴場?を思わせるような内風呂と露天風呂。

まさに温泉を独り占めできる贅沢な貸し切り風呂状態です。

鷹の巣温泉の源泉の湯の温度は53℃。湯船では水を混ぜながら好みの温度に調整してください。無色透明で肌あたりの柔らかなお湯は、ゆっくりと浸かるのに最適な泉質です。きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症などの効能があります。

昔、荒川を行き来する舟人が、河原の水たまりで水浴びをする傷ついた大鷹を見つけ、不思議に思って水たまりを調べたところ、川辺から湯が湧き出ているのを発見しました。そこを掘り下げ石を積んで湯治場にしましたが、場所が良くないため利用者が少なく、長い間そのままになってしまっていました。
明治18年に米沢街道が直された時、下関の斎藤善作さんが新しくこの地に旅人の利用も考えて作った温泉施設が、「鷹の巣温泉」と名付けられて今に続いています。

湯上りは自然と一体となるウッドデッキで夕涼みをどうぞ。

幻想的な荒川を背に「パドマーサナ」のポーズ。精神や呼吸を鎮め、安定させる効果があるそうです。

当宿自慢の山菜を使った前菜と、採れたての枝豆にビールで夕食の始まり。

今日のハイライトや明日の予定、美味しいものの話や仕事の失敗談など話のタネはつきませんよね。離れ形式のお部屋だからこそ、お客様だけの真にプライベートな時間を自由気ままにお過ごしください。

当宿の敷地内には男性用の露天風呂と女性用の内風呂もございます。

早起きされたら気持ちの良い朝風呂はいかがでしょうか。大きな湯船で手足を伸ばして体を温めるのもまた、温泉宿に泊まる醍醐味の一つです。

静かで開放的な場所での温泉三昧。多くのお客様に評価をいただける「鷹の巣温泉」の湯を、客室の専用風呂と大きな露天風呂・貸切風呂で存分に味わってみてください。